HOME >自毛植毛に向いている人

植毛を受けるべき人の特長

AGAが進行している人

AGA(男性型脱毛症)の進行が進んでいる方は、毛根が死滅してしまっているので、発毛薬や育毛剤による劇的な効果は期待できません。AGA治療は脱毛抑止の治療であって、発毛の期待はできません。そこで比較的AGAの影響が出にくい、側頭部や後頭部の毛根を移植することによって、移植した毛髪はAGAの影響を受けづらい、という効果があります。また、AGA治療に関わる通院費や薬代を節約することにもなるので、AGAが進行した方には自毛植毛がお勧めです。

40代以上の人

一般的には20代後半から老化が始まると言われ、年齢とともに毛根細胞や身体的な機能はどんどん衰えていきます。40代、50代の方の薄毛に関していえば、頭皮の毛根細胞が死滅しているという方も多く存在します。毛根細胞が死滅してしまっていれば、育毛剤や頭皮マッサージでの改善は期待できません。自毛植毛は、まだ元気な側頭部や後頭部の毛根を移植することになるので、若さを取り戻すことができます。
また、自毛植毛には年齢制限はありません。そのため、50代の方や、60代を超える高齢者の方でも自毛植毛を受けることができます。

ケガなどによる傷跡がある人

頭皮のケガや、やけどなどによる脱毛箇所でも自毛植毛を受ける事ができます。傷は治っても、組織は変化し、毛根細胞が破壊されてしまっているため、時間が経つとまた発毛するということは稀です。生きた自分の毛根の移植を行う事で、傷跡を目立たなくさせ、他と同じ毛髪とし扱う事ができます。傷に対して自毛植毛を行う場合は、傷口の程度、皮膚の繊維化の症状の程度によって定着率が変わるので注意が必要です。定着の具合をみながら複数回の植毛を行うという方法もとられています。